ウェブフォントによってフォントファイルごとWebページを配信することによって統一的な見た目のコンテンツをユーザに提供できる。これによって昔によくやりがちだったfont-familyによく見た目も知らんフォントを並べてその順番をどうしようかと考える必要がなくなる。見た目を知らずにこれを書いている人結構いるだろというあるある。Google Fontsはそのウェブフォントサービスの1つである。

<link ref="https://fonts.googleapis.com/css?family=Noto+Sans+JP&display=swap" rel="stylesheet"> 

<head></head>内で指定して自分のCSSのfont-familyなんかで'Noto Sans JP'を書いておくだけの超絶お手軽仕様。ここで上げたURLはGoogle Fontsの公式でポチポチやるだけで勝手に教えてくれる。

/

そういう要求に出くわしたのでPythonの正規表現だけを使って特定ドメインの内部リンク先を巡回した。このやり方について記録しておく。もう少しリンクURLが複雑な場合、あるいは内部リンクに限定しない場合についても応用はある程度効くだろう。

GravのプラグインImage CaptionsでBootstrapのfigureクラスをあてる方法を紹介します。ImageCaptionsというプラグインはGravでは紫のチェックマークがついています。一応Gravの公式という意味でついているのですが、このプラグインの実装方法は少々疑問でした。これについてはページの最後に記載しています。

GravプラグインであるMarkdown Noticesの機能によりマークダウンから簡単にBootstrapのコンポーネントであるAlertを呼び出す方法を紹介します。やり方は普通にBootstrap CSSが読み込まれている環境でプラグインの設定を次のようにするだけです。YAMLで表示していますがAdminからも簡単に変更できます。

単純にログを示す。世の中にはマナーのよいインストーラとマナーの悪いインストーラが存在するが、果たしてVisual Studio Codeの場合はどうだろうか。そもそもWindowsのインストールの方式がインストーラにやられたい放題なのが良くないのとレジストリとかいう意味不明方式がダメだというのは別として。Microsftなんだからマナー良くあってくれ。