Contents

概要

地球上での位置を「正確に」記述するには緯度と経度だけでは十分でない。理由は地球の楕円体をどのように取るかによって同じ緯度・経度でも別の位置を示してしまうことがあるから。自転とか公転を無視して地球の中心を原点とするローカル座標を考えてみるとわかる。

さらに、緯度と経度で地球上の点を示す方法は、狭い範囲の地図においては決して効率の良い方法ではない。例えば市街地の地図の中のある点を緯度経度で表してもぱっと見て距離がわかりにくいし度数法は小数点とか分、秒とかいろいろ書き方があってめんどくさい。なので普通はそういう場合にはいろんな方法で楕円体を平面に投影してその中での直角座標(いわゆる数学とかで出てくる2次元グラフ)で表す。

GIS(Geographic Information System)などで地図を取り扱う場合にはこういうもろもろの方式を座標参照系(Coordinate Reference System:CRS)として設定できる。

View all of 座標参照系(Coordinate Reference System:CRS)についてまとめ


Pythonで超簡単にPDFを連結

September 3, 2018, 4:05 pm

概要

PDF連結と検索するとたくさんのやり方が出てきますがそのやり方はだいたいフリーソフト使いましょう、というものだったりする。あとはPDFを連結できるwebサービスなど。実はそんなことしなくてもpythonという言葉を含めて検索すると超簡単にPDFを連結する方法が出てくる。

View all of Pythonで超簡単にPDFを連結


概要

国土地理院からダウンロードできる数値標高モデル(Digital Elevation Model:DEM)はJPGIS(GML)形式で書かれている。JPGIS(GML)形式はXML文書なのでPythonでこれを読み取ってGISソフトウェアなどで取り扱いやすいGeotiff形式に変換する。

View all of PythonでJPGIS(GML)形式DEMをGeotiffファイルに変換


先日AndroidStudio3.1で普通に作業していると何かの拍子にandroid.support.v7.app.AppCompatActivityはじめとするSupport Library系のimport文がことごとく'Cannot Resolve Symbol'状態になり、それに伴ってコードのいたる所で警告が出現する事態が発生した。ただ、ビルド自体は通ってAPK生成したりはできる。これの直し方。

View all of AndroidStudioで突然Cannot Resolve symbolで赤線が大量に出る時の対処法


Pythonでファイル名を拡張子とそれ以外の部分に分ける方法。

import os
basename, extension = os.path.splitext(filename)

これでextensionにドットを含む拡張子部分、basenameにそれ以外の部分が入る。

View all of Pythonでファイルの拡張子を取得