/

TeX/LaTeXの環境は通常コンソールからしか使えないため、例えばTeXLiveなどを入れただけではPDFにして開くまでにいくつかのコマンドを実行する必要があるため、逐一それらを実行しなければいけないのは面倒である。多くのディストリビューションにはTeXworksというエディタが同梱されているが、多分機能的にその上位互換でそんなにデメリットも見当たらないTeXstudioをインストールして速攻で使える用にする設定をメモしておく。

/

グラフラプラシアン(Graph Laplacian)がなぜラプラシアンと呼ばれるのかを、普通の関数に対するラプラシアンオペレータと比較して直観的に説明する。ついでに普通の関数のときにラプラシアンとまとめて紹介されるナブラについて、それに対応する接続行列について紹介する。

/

ボルツマン方程式の衝突項まわりで現れる衝突積分の対象関係式を導出する。

ウェブフォントによってフォントファイルごとWebページを配信することによって統一的な見た目のコンテンツをユーザに提供できる。これによって昔によくやりがちだったfont-familyによく見た目も知らんフォントを並べてその順番をどうしようかと考える必要がなくなる。見た目を知らずにこれを書いている人結構いるだろというあるある。Google Fontsはそのウェブフォントサービスの1つである。

<link ref="https://fonts.googleapis.com/css?family=Noto+Sans+JP&display=swap" rel="stylesheet"> 

<head></head>内で指定して自分のCSSのfont-familyなんかで'Noto Sans JP'を書いておくだけの超絶お手軽仕様。ここで上げたURLはGoogle Fontsの公式でポチポチやるだけで勝手に教えてくれる。