TeXはWordと違って一から文書を作る時にいろいろと関係ないコードを必要とする。ちょっと数式を使ったハンドアウトを作るだけでも本番の論文を書き始める場合でもテンプレートがあるとWordのような使い心地で書き始められる。

なにも考えずに次のコードから書き始めよう。テンプレートの状態で無意味にコードや図、表を挿入しておくといざコードを載せようとしたり図表を挿入しようとしたときに迷わずに書き始められる。使わなければ消さずにどんどん下に追いやっていけばよいし意味のあるコードや図表を挿入してもうテンプレートの見本が必要なくなった段階で消せばよい。

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{bm}
\usepackage{amsmath}
\usepackage{amsfonts}
\usepackage{amssymb}
\usepackage{listings}
\usepackage{here}
\usepackage{caption}

\begin{document}

\section{section name}

\begin{lstlisting}[basicstyle=\ttfamily\footnotesize,frame=single]
#include <stdio.h>
int main() {
    printf("Hello World.\n");
    return 0;
}
\end{lstlisting}

\begin{figure}[H]
\begin{center}
\input{filename.tex}
\end{center}
\caption{figure name}
\label{figure name}
\end{figure}

\begin{table}[H]
\large
\begin{center}
\begin{tabular}{|l|c|r|}
\hline
A&B&C\\
\hline
A&B&C\\
A&B&C\\
\hline
\end{tabular}
\end{center}
\caption*{table1.1 table name}
\end{table}

\end{document}

Next Post