(32)

/

QEMUをSSH越しのCUIなどで使用する際に-serial mon:stdioを指定して仮想マシンのシリアル出力を別GUIではなくqemuのコマンドをたたいたその場所に出力させることがある。この際、QEMUそのものの出力と仮想マシンがシリアル通信ポート (PL011)に書き込んだことによる出力が混在してしまって解析が行いにくい時がある。

YoctoLinuxのビルドはGetting Startedの手順にしたがって特に何も設定せずにビルドするとrunqemuコマンドの実行に必要なqemuもビルドターゲットと並行してビルドされるようになっている。これによってビルドした状態でrunqemuコマンドを使えば開発用のエミュレータがすぐに起動できる状態になっているが、必要ない場合には単にqemu-nativeのビルド時間の無駄になっているといえる。

/

Yocto Linux build system (bitbake) adopts highly sophisticated override syntax using : or _ to efficiently describe what we want to do. This significantly reduce the amount of bb/bbappend code because we do not have to write explicit branching scripts at all in many cases. However, the problem is that key operator character had been changed from _ to : since a version of Yocto distribution. The conversion is available for forward distribution upgrade. But backward one is still not available in official distribution as far as I observed.