Tag "Grav"

/

Markdownから画像を簡単に加工したりできるのはGravCMSの強いアピールポイントだろう。しかし、Grav単体ではMarkdownから画像を加工すると出力された画像に最適化が施されていない状態となる。

Webページの転送量における画像が占める割合は非常に大きいことはよく知られており、少しでも転送量を削減するためには画像の最適化は必須だ。Gravのリポジトリには、images/に画像が生成されるイベントを拾ってその画像を最適化するプラグインが存在しているが、今のところそれらはいずれも有料の画像最適化ウェブAPIを使用する。

Gravが動くようなサーバ環境があるなら、サーバローカルで画像最適化ツールを走らせることでこれらの有料サービスを使わずに同等の機能を実現できる。その方法をメモしておく。

GravのプラグインImage CaptionsでBootstrapのfigureクラスをあてる方法を紹介します。ImageCaptionsというプラグインはGravでは紫のチェックマークがついています。一応Gravの公式という意味でついているのですが、このプラグインの実装方法は少々疑問でした。これについてはページの最後に記載しています。

GravプラグインであるMarkdown Noticesの機能によりマークダウンから簡単にBootstrapのコンポーネントであるAlertを呼び出す方法を紹介します。やり方は普通にBootstrap CSSが読み込まれている環境でプラグインの設定を次のようにするだけです。YAMLで表示していますがAdminからも簡単に変更できます。