Archive 2020-01

TeX/LaTeXの環境は通常コンソールからしか使えないため、例えばTeXLiveなどを入れただけではPDFにして開くまでにいくつかのコマンドを実行する必要があるため、逐一それらを実行しなければいけないのは面倒である。多くのディストリビューションにはTeXworksというエディタが同梱されているが、多分機能的にその上位互換でそんなにデメリットも見当たらないTeXstudioをインストールして速攻で使える用にする設定をメモしておく。

グラフラプラシアン(Graph Laplacian)がなぜラプラシアンと呼ばれるのかを、普通の関数に対するラプラシアンオペレータと比較して直観的に説明する。ついでに普通の関数のときにラプラシアンとまとめて紹介されるナブラについて、それに対応する接続行列について紹介する。